2012年4月27日金曜日

パリ 3日目

ルーブル美術館はミュージアムパス使用。
今日、明日と周る、主要な美術館や博物館などをお得に周れるチケットで、2日間で一人4千円。
日本からチケット購入済みだったのと、開館の9時ちょうどに裏口から入場したのですんなり入場出来ました。ピラミッドの入り口はやっぱり混雑するみたい。

ピラミッドの中の人。

天井まで豪華爛漫な彫刻の間。


個人的に一番ルーヴル内で見たかった彫刻、ニケ。
ギリシャ神話では女神と言われてるけど、力強さと繊細さが見えてとにかく惹き込まれる何かがありました。

お馴染みのモナリザ。
ロープが手前にありすぎて、そばまで近づけないので偽物が飾ってあっても解らないレベル(笑

これも有名な絵だと思うんだけど、未だに思い出せない。

ルーブル館内にあるスターバックス。
 何故かAppleStoreもありました。


美術館を出たらすごい行列が出来てました。


コンシェルジュリー

何千人とギロチンに送った牢獄でマリーアントワネットもここに投獄されました。
暗くて狭い格子戸の中に人形の模型が飾ってあって、何とも形容しがたい雰囲気でした。
画像を撮るのも不謹慎な気がした。


さて、シテ島という島に行く途中に「恋人の橋」と呼ばれている橋があります。
鍵にお互いの名前を書いて鍵をかけておくと結ばれるというもの。
日本でもこういうのあるけど、パリでも願掛けみたいな風習ってあるんですね。

橋を渡り、ノートルダム大聖堂へ。



サント・チャペル

左側が修復中だったのが残念だったのですが、高い天井と一つ一つ絵柄の違うステンドグラスに圧倒。
そして、この旅で一番自分の中でクライマックスだったかもしれない、この教会でのアンサンブル。
感無量で、演奏後は拍手喝采でした。
夜の7時からだったのですごく寒かったけど、いい思い出になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿