2012年4月30日月曜日

パリ 6日目

ずっと曇り空だったんですが、本日は晴天!
ちょっと足を伸ばしてモンマルトルの丘へ行くことにしました。
真っ青な空に白い建物が映えて、とっても綺麗でした。
行く途中に寄付して下さいやら、強引に手首に紐のようなものを巻きつけようとして
お金を取ろうとする黒人など、観光地はそういうのが多くてちょっと気分を害したりして。

まぁ、気を取り直して丘まで階段で・・・。
というのもケーブルカーがあるのですが、とてつもない行列で。
 
みんなてくてく登っていきます。

モンマルトルの丘の頂上にはサクレクール寺院が。
丘の上から見た景色。
お昼は念願のキッシュをたべました。
デザートが美味しそうだったので、思わず注文しちゃった。

さて、本日のディナーはヴァンドーム広場に面しているホテルリッツの「レスパドン」で。
故ダイアナ妃が最後の時を過ごした場所みたいです。
二人で360ユーロ。約3万8千円。ひょえー。
まぁ、せっかくのおフランスだし、美味しいフレンチ食べたいよね、どうせチーズもワインも飲むしね、って事で、一番高いコースを日本から予約しました。

一度ホテルに戻って、ちょっとだけドレスアップして、ディナーへ。 
ロビーの廊下が一流ブランドの宝飾品が飾ってあって、こんなとこ泊まれないよー、とか思いつつ。。。
シャンパンと前菜から始まって、パンは8種類ぐらいある中から選び放題。
バターは無塩バターと有塩バターまで揃ってる。
なかなか写真を撮れる雰囲気じゃなかったので、画像は小菓子。
この後にデザートで特大のミルフィーユが出てきて、半分も食べれなかった。でもさすが一流ホテル。気配りの仕方が完璧で気分良く過ごせました。

2012年4月29日日曜日

パリ 5日目

今朝は朝からマカロンで有名なラ・デュレへ。
綺麗にマカロンやケーキが陳列されています。
この8種類を旦那様とシェアしました。

そしてセーヌ河クルーズへ。
エッフェル塔がスタート地点で、シテ島をぐるりと一周してまたエッフェル塔に戻るコース。
セーヌ河岸はジョギングするのに適しているみたいで、たくさんのラン者を見かけました。
船乗り場はこんな感じ。
エッフェル塔を結構真下から撮った図。

そして、シャンゼリゼ通りを歩いていて、ちょっと脇道にそれたらまたもやエッフェル塔が。
こういう建物と建物の間のエッフェル塔も素敵でした。
 これは何だったかな。
 とにかく建造物が素敵で何か解らなくても撮ってました。
レクリエーション広場。
おじさま方がゲートボールのゲート無しバーションで遊んでいたり、犬と戯れていたり。
自分たちもベンチでしばし日光浴。

セーヌ河にかかってる橋で一番豪華な橋。
エッフェル塔と橋。
そして夜のオペラ座へ。
旅はまだまだ続く・・・

2012年4月28日土曜日

パリ 4日目

ホテルの朝食
ハムとチーズの種類が豊富でした。
エシレという超高級バターが毎日食べられたので大満足。
日本のスーパーで見たら小さいものでも700円もしたので。

さて、本日はホテルから近すぎてスルーしていたオペラ座へ潜入します。
真ん中がガルニエさん。
ここの渡り廊下は、演劇の休憩時にお喋りしたりする場だったのかな。
ベルサイユ宮殿並みの豪華さ。
座席部分

その後、凱旋門へ。
300段ぐらいの石の螺旋階段を登りました。あいにくの曇り空。

シャンゼリゼ通りをブラブラ歩きながら、Dior本店へ。
中身は後日。

夜ご飯はブラッセリーで。
ホワイトクリームのリゾットとチキンのソテー。
ハイネケンの瓶。

2012年4月27日金曜日

パリ 3日目

ルーブル美術館はミュージアムパス使用。
今日、明日と周る、主要な美術館や博物館などをお得に周れるチケットで、2日間で一人4千円。
日本からチケット購入済みだったのと、開館の9時ちょうどに裏口から入場したのですんなり入場出来ました。ピラミッドの入り口はやっぱり混雑するみたい。

ピラミッドの中の人。

天井まで豪華爛漫な彫刻の間。


個人的に一番ルーヴル内で見たかった彫刻、ニケ。
ギリシャ神話では女神と言われてるけど、力強さと繊細さが見えてとにかく惹き込まれる何かがありました。

お馴染みのモナリザ。
ロープが手前にありすぎて、そばまで近づけないので偽物が飾ってあっても解らないレベル(笑

これも有名な絵だと思うんだけど、未だに思い出せない。

ルーブル館内にあるスターバックス。
 何故かAppleStoreもありました。


美術館を出たらすごい行列が出来てました。


コンシェルジュリー

何千人とギロチンに送った牢獄でマリーアントワネットもここに投獄されました。
暗くて狭い格子戸の中に人形の模型が飾ってあって、何とも形容しがたい雰囲気でした。
画像を撮るのも不謹慎な気がした。


さて、シテ島という島に行く途中に「恋人の橋」と呼ばれている橋があります。
鍵にお互いの名前を書いて鍵をかけておくと結ばれるというもの。
日本でもこういうのあるけど、パリでも願掛けみたいな風習ってあるんですね。

橋を渡り、ノートルダム大聖堂へ。



サント・チャペル

左側が修復中だったのが残念だったのですが、高い天井と一つ一つ絵柄の違うステンドグラスに圧倒。
そして、この旅で一番自分の中でクライマックスだったかもしれない、この教会でのアンサンブル。
感無量で、演奏後は拍手喝采でした。
夜の7時からだったのですごく寒かったけど、いい思い出になりました。

2012年4月26日木曜日

パリ 2日目

今日はホテルから歩いてすぐのオペラ座、ガルニエへ。

中は見学できるんだけど、別の日に見ようと写真だけ撮って素通り。

老舗でヨーロッパ最大のデパート、ギャラリーラファイエットへ。
お目当てのブランド品、Diorのバッグと財布をチェック。

日本でいうところのアーケード街、パッサージュ。

ヴァンドーム広場。
中央の塔の模様はトルネードといって、ヴァンドーム広場に店を構えている高級宝飾店ショーメのトルネードシリーズはこの塔をモチーフにしたとか。
婚約指輪と結婚指輪がこれなのだ。
ルーブル美術館
夜9時ぐらいだったかな。ようやく辺りが暗くなってくる時間帯です。

そして、パリと言えば夜景ツアーに出かけなくっちゃ♪という事で、バスツアーに参戦。

凱旋門 

エッフェル塔

エッフェル塔では日没から毎時00時になると5分間だけのフラッシュショーがあります。

そしてホテルに帰ってきたのが23時過ぎ。もちろん爆睡。